らんぽの小屋

鳥小屋

方向性が迷走してるブログ

MENU

【feather】異常に胃腸が弱い人間、特に創作者(アマチュア)のSNSとの付き合い方・自衛

こんちちは(・ω・)ノ

今日は日記です。
創作・・・特にフィクションの物語を執筆する場合に限定しますが、諸事情ありコレが原因で胃腸を痛めることがあります。
あまりにも緊張で胃痛がしすぎてガスター10最高!ガスター10最高!とガスター10宣伝ブログになりたいぐらいですが、流石に胃腸科に行ってきてお薬もらってきました。胃酸抑制剤です。
ちなみに自分の勝手な診断では「過敏性腸症候群」もしくは「機能性ディスペプシア」(明確な腫瘍などが見つからないのに胃痛がする)じゃないかと疑っています。
原因となるきっかけに心当たりがあるので・・・。
ちなみに機能性ディスペプシアは生活習慣の乱れでも引き起こされるのでもう心当たりありすぎてどれが原因かな??状態です。

過敏性腸症候群についてはこちら
www.e-healthnet.mhlw.go.jp
機能性ディスペプシアについてはこちら

他にも解説しているサイトは色々あるので漁ってみるといいかも。

本当に病気の病気の可能性もありますが、緊張が原因なら多分しばらくこれが収まることが無さそうなので、上手く緊張による胃痛とどうやって上手く付き合っていくのかを模索するために、「これをやってみようかな」と思ったことを列挙していきたいと思います。

他作品の感想や考察は、自分が実際に見て気になったものしか読まない、検索しない

私は「こういう展開だと受け手はこう思うんだ」という反応を見たくて、実際に見たことがない作品の感想やまとめサイトを見るのが癖でした。
ですが受け手の様々な反応を見ていると、例えそれが他の方の作品でも必要以上に気になってしまって、自分が創作するにあたり不安になってしまうのでは・・・と思うようになり、この癖をやめようと思いました。

ただ、自分が実際に見て「面白かった!/あそこのシーンはどう言う意味なんだろう。みんなはどう思ったの?」と思えた作品は通常通りサーチしていきたいと思います。
自分の印象に対して「やっぱり他の人もこう思ったよね/そういう見方があったのか/あれシーンはそういう意味だったのか!」と納得するのは面白い作品を見た後に二重で楽しめるので好きだからです。

作家さんのSNSは見ない

よく「作品が好きだからあえて作者のツイッターは見ない」という意見があります。
自分が見ないようにする理由はそれとは別になります。
超大物作家さんとかならもはや次元が違いすぎるので脇に置いておきますが、新人作家さんなどの動向が気になってその方々のツイッターをリスインしていたのですが、
「もう前回の作品から○ヶ月だけど新作or続編まだなのかな」
「デビューにあたってSNSを開設したはいいけどそれっきりにならないかな」
みたいな大きなお世話すぎる心配をしてしまうようです。
なんというか、おこがましくも自分自身の置かれている立場と無意識に重ねてしまうのです。

これとやや関連になりますが、自分のケツ叩きのために同じ志望仲間の方(なるべく日常ツイートではなく淡々と進捗状況を報告する方々)を何人かフォローさせていただいてるのですが、意識してしまうのなら外してしまおうか・・・と検討中です。

Twitterはやはり控えるべし

検索機能があると、どうしても作品の感想とか調べてみたくなります。
オススメしたいのは「feather」という非公式のツイッターアプリなのですが、リツイートやいいね数を非表示にでき、そういった数字が気になる方には見ないようにできるので安心です。

またミュートユーザー・ブロックユーザーも本家から取得できます。
ミュートワードは多分取得できないかな・・・?
ちなみに本家のミュートワードは上限200件までですが、こちらは今んとこ上限があるという話は見てないです。
特に有難いのがミュートワードが検索や他の方のTLで被弾することがないことです。
試しに流行りのゲームをミュートワードにして検索をかけてみたのですが

ご覧の通り完璧に排除してくれます笑
(本家はミュートワードの適用範囲が自分のTLのみなので、普通に拾います)
よく気になった人のTLを眺めてたら地雷ワードが引っかかることがあるので非常に助かる笑

これで自分と関係がありそう・どうしても気になってしまうワードは関連するものも含めて全てミュートワードに設定しました!
もともと創作とは関係ない情報収集のための趣味アカウントなので、使える時は使うみたいな感覚で付き合っていきたいと思います。

あとこれはfeatherさんの特徴というより非公式クライアントの宿命なのですが、APIの仕様により検索機能やTL更新に制限が課せられているようです。この不自由さを逆手に取ることで上手くツイッターと付き合うことができるやもしれません。

とはいえ私自身featherさんに何度か乗り換えては結局本家に戻ってきてしまうので、SNSにどっぷりな方にはツライものがあるかもしれません。
公式(iPhone)はこちら

自分の創作分野以外の趣味にハマる

↑の「見てない作品の感想を調べてしまう」に関連するのですが、一時期ゲームやアメドラ、フィギュア、ハンドメイドにハマっていた頃はそういった行動をしてなかったことに気付きました。
今はゲームもフィギュアもブログ執筆も倦怠期気味で創作活動が趣味みたいになってるので余計に気になるのかなぁと・・・。

今思うとゲームに一筋だった頃の方がなんの悩みもなくエンジョイできてたと思います。時間泥棒ではありましたがw


後他にも気づいたらひっそり加筆でもします。
緊張しやすいのはもはや性分なので、上にも書いたとおり上手く付き合っていく方法を考えたいと思います。