らんぽの小屋

オフゲーとフィギュアいじったりが好き。あと最近はスレイヤーズ(神坂一作品)の記事が多いよ

MENU

富士見ファンタジア大賞第35回前期にひっそりと投稿しました。


どうもこんにちわ('A`)ノ

気付けば久々の更新になってしまいました。

実は先日まで富士見ファンタジアさんが主宰しているファンタジア大賞第35回前期に投稿してまいりました。

www.fantasiataisho.com

作品名とPNは諸事情で伏せさせていただきます(笑)

一度はやってみたいラノベ新人賞投稿、そういれば富士見ファンタジアの新人賞はいつだったかな~とのんきに確認したのがお盆前。
締め切りまで3週間しかない!WAO!
そんなこんなでたまたまテンションがノリにノっていたのもあり、一週間(うち誤字脱字等修正2日)で完成。
処女作ということもあり、一種のマタニティ・ハイラノベは水物よ!gdgd書き直すよりさっさと提出しちゃって頭リセット!」と公募締め切りよりまだ日もあったにも関わらず提出してしまいました・・・笑 ※修正・再投稿はご法度

そのあと「ファンタジア文庫 電話」で検索したり、「ラノベ 賞 下読み」で検索したり(下読みさんのことは初めて知りました)めちゃめちゃ気になって気になって仕方ありませんでした(笑)

投稿して数日後、もう一度拙作を読み直してみるとまーだ残ってるわ残ってるわ誤字脱字にキャラの矛盾発言(;´Д`)
もう頭が疲れてたのかクライマックスに近づくたびに書き手の疲れを感じさせる超展開(笑)(笑)(笑)

そのなかでも物語でご法度とされる「禁じ手」を、しかもわかりやすいパターンで使ってしまったかなとorzorz

もうおかげで(自業自得で)最近お腹がキリキリ痛くて痛くて。
しかも一次通過発表は10月20日で2か月後・・・そんなに待てないいいいいいっそ殺してええええええええ な気分にあります(´・ω・`)

web投稿(なろうとかカクヨムとかpixivとか)には掲載していないので、投稿後に掲載もできないし 
※投稿前に備考欄に書いてたらOK。ただし有料で電子書籍とか同人誌だしてたら商業作品としてNGだとか。文学フリマ出せへんやんけひえー。
 ちなみに同人誌掲載作品の投稿OKは各新人賞によって違うみたいなので各自チェックDA!m9(・∀・)

しかも前期が入選しても、後期組の入選まで待たないとだから、大賞金賞銀賞が決まるまでに1年かかるんですね。ひえー。

少なくとも一次が当落が分かるこの二か月間は、他の新人賞(時期的には小学館MF文庫Jが9/30に締切)にそれぞれ一本出してこの胃のキリキリを沈めたいと思い、新作のプロットを練り練りしているんですが、なんかこう・・・ひねりがないというか・・・まとまりすぎているというか・・・。
ラノベの新人賞って一作完結が大前提ですから、必然的に一本の映画のような塩梅になりますよね。
自分が見てきたバトル系の映画って、大抵主人公が宿敵orスケールの大きい悪事を働く悪と戦って勝利・カタルシスを得るという展開が多い気がして、胃のキリキリを抑えるために(胃痛薬飲め)ザっと書き起こしてみました。

バトル系映画の主人公と敵

  • 予言された主人公 VS 魔法界を恐怖に陥れた悪役
  • 親代わりの叔父を殺された主人公 VS 事故で殺してしまい服役したのち脱獄して超能力を得た悪役
  • 暗殺失敗した上に記憶喪失になった主人公 VS 証拠隠滅のために暗殺を謀る某組織とその手駒
  • 普通のウェイトレス&彼女を守るため未来からやってきた兵士 VS 未来からやってきた人間を殺すアンドロイド(対人類AIの手駒)
  • 人類を殺すためのプログラムを書き換えられ、主人公母子を守るアンドロイド VS 新型の上回る液状化能力を持つアンドロイド (対人類AIの手駒)
  • 人間と彼らと共存するポケット型モンスター VS コピーとしての生を恨んだモンスターと、手駒としてのコピーされたポケット型モンスター

う~~~んカタルシスに次ぐカタルシス
記憶があいまいなのも多いのであえて作品名は書きませんw
仇、宿敵、巨悪、悲しい悪・・・これがない一本物のバトルアクションものはまとまりすぎてしまうのでしょうか。


あとはもう・・・ヒーローものはそりゃヒーローだしヴィラン止めるよねってなるし、テレビシリーズは様々な思惑が入り乱れる描写が多いので、乱暴な纏め方になるしでやめましたw
ミステリものとか非アクション系のは書ける気がしないので除外(´・ω・`)いや自分で観たい非アクションものってないからさ・・・いや商業作品のはもちろん見ますけどね?自分で作りたいかと言われると。

はあ~~~お腹痛いです(結論)