らんぽの小屋

オフゲーとフィギュアいじったりが好き。あと最近はスレイヤーズ(神坂一作品)の記事が多いよ

MENU

フォーチュン・クエストLのOPとかアニメとか

f:id:ran3pom:20210720234626p:plain

フォーチュン・クエストL

先日の記事でスレイヤーズNEXTの話の中で作画監督・加藤洋人さんのお話をちょろっとしましたので、懐かしくなって加藤氏がOPを手掛けた『フォーチュン・クエストL』を久々に手に取ってみました。
f:id:ran3pom:20210720233932p:plain
f:id:ran3pom:20210720233924p:plain
f:id:ran3pom:20210720233915p:plain
f:id:ran3pom:20210720233907p:plain
f:id:ran3pom:20210720233900p:plain
スタッフを調べればわかることなのですが、総監督とキャラクターデザインがアニメスレイヤーズのコンビですw
f:id:ran3pom:20210720234131p:plain
f:id:ran3pom:20210720233947p:plain

ついでだしフォーチュンクエストLフォルダを晒していけ
f:id:ran3pom:20210720234609p:plainf:id:ran3pom:20210720234519p:plainf:id:ran3pom:20210720234511p:plainf:id:ran3pom:20210720234501p:plainf:id:ran3pom:20210720234453p:plainf:id:ran3pom:20210720234602p:plainf:id:ran3pom:20210720234445p:plain
このダンスがカワ(・∀・)イイ!!
f:id:ran3pom:20210720234550p:plain
f:id:ran3pom:20210720234543p:plainf:id:ran3pom:20210720234437p:plainf:id:ran3pom:20210720234429p:plainf:id:ran3pom:20210720234420p:plainf:id:ran3pom:20210720234535p:plainf:id:ran3pom:20210720234526p:plainf:id:ran3pom:20210720234405p:plainf:id:ran3pom:20210720234617p:plain
f:id:ran3pom:20210720234626p:plain

主要スタッフにスレイヤーズスタッフが参加していました。

恐らく当時のファンの書き込みらしき投稿では「スタッフが早くスレイヤーズをやりたくてたまらないのが見てわかる作品」とばっさりと切り捨てていましたw
気になって渡部監督のwikiから実際の時系列を辿って見てみたいと思います。

1995年4月7日から1995年9月29日

1996年4月5日から1996年9月27日

1997年4月4日から1997年9月26日

1997年10月18日から1998年5月23日

1998年4月3日から1998年9月25日

フォーチュン・クエストLの後はスレイヤーズではなくロスト・ユニバースを手掛けておりました。
フォーチュン・クエストL 、正直作画面において苦しい所もあり、OPも加藤作画監督で美麗なんですけど少ない素材を頑張って活用した感があるのも否めませんでした。
あとフォーチュン・クエストLとロスト・ユニバースは放映時期がややかぶってるんですね。放映数か月前からアニメ制作の準備に入るといいますし、ロスト・ユニバースは実質ラインを2つ重ねたことで無茶したところもあったんじゃないのかなあ。
そのあとの有名な某ヤシガニ事件に繋がったのかなあと考えさせられます。ロスユニ最初はOP出来てなかったもんね・・・。
因みに上記すべて『イージー・フィルム』制作です。
イージー・フイルム - Wikipedia

アニメ化されなかった4巻以降

ジャンルとしては冒険ファンタジーものです。
当時は原作が出てた第3巻「偽りの王女」までアニメ化、その後の解決編とも呼べる4巻の「真実の王女/上・下」がアニメ化されておらず、途中からアニオリストーリーで突っ走っていました。

更に言うとややこしいんですけど、フォーチュンクエスト原作には、「フォーチュンクエスト」無印と続編の「『新』フォーチュンクエスト」があり、最初の無印をすっとばして『新』からアニメ化したという事情がありました。
そのためOPで「破れた地図の続き~」で大勢のキャラクターラッシュでアニメのみの原作未読者には「こいつら誰!?(;´Д`)」となること請け合いですw

なぜ4・5巻が出てから、もしくはアニメとほぼ同時になるようにメディアミックス展開できなかったのか(´・ω・`)
アニメを見た後『偽りの王女』に対応する『真実の王女』を読みましたが、これを映像化できていればアニオリせずともきれいにお話まとまって完結できたのではないのかなあと思わんばかりです。
アニメではちょっと宙ぶらりんのままで終わった『ギア・リンゼイ』(OPで「昨日の憂鬱なんて~」で出てくる黒髪の青年)と主人公『パステ』の甘酸っぱい関係も『真実の王女』で決着がつくので惜しい・・・!と言わざるを得ません。

ギアとパステルめっちゃ美味しいんですよ(´艸`*)
別人と間違ってパステルが誘拐されたとき、誘拐犯の仲間に「見張りの交代だ」とスマートにパステルと二人きりになるよう接触して余裕綽々ですみたいな態度かと思いきや感極まってパステルを抱きしめちゃうところとか・・・もしかしてこれは少女漫画だったのか!?と思わずにはいれませんでした(笑)
ちなみにここのシーンはアニメ化されてます(*´ω`*)

フォーチュン・クエストL』のVOD配信状況について

残念ながら『フォーチュン・クエストL』のアニメを配信しているサイトは無いようです。

DVD-BOXが割と手ごろな価格で販売され・・・あれっ?新品がない・・・(;´・ω・)中古も新品買った時より価格上がったかな・・・?
どうやらメーカー希望小売価格21,600 円なんですね。まあそれよりは安いけど・・・。
2017年に6700円で新品を購入できていたので、高騰してますねこれは(´・ω・`)
デジタルリマスター版とはいえBlu-rayに慣れきった令和の時代、DVDの画質ではちょっと厳しいかなと思わなくもないですが、状BD-BOXが販売されてない(しそうにもない)し今後再販無ければ高騰する一方だと思いますので気になる方はお早めに~(・ω・)ノ

アニメDVD想い出のアニメライブラリー第36集 フォーチュンクエストL DVD-BOX デジタルリマスター版