らんぽの小屋

オフゲーとフィギュアいじったりが好き。あと最近はスレイヤーズ(神坂一作品)の記事が多いよ

MENU

アスカの頭部を量産したい【フィギュア パーツ複製】【エヴァ】

f:id:ran3pom:20210627111829p:plain

 
アスカの頭部だけ無限に欲しい

どうもこんにちわ(・ω・)ノ

アスカのリボルテックフロイラインを購入してからすっかりフロイライン集めに夢中になった私。

単純に着せ替え人形のように頭を付け替えたり、組み合わせたり、分解(笑)したり、楽しみが増えた一方困ったことがあります。

体だけいっぱいあってもアスカの頭部圧倒的に足りない問題!

首無しアスカの群れ

「この体にアスカの頭部を組み合わせたい!」案件が多すぎて首無しアスカがフィギュア棚を占拠してるんですよ!

???「これがアナザーインパクト、いえ、アディショナルインパクトというわけね」

 

オリジナルのパーツから複製を試みる

首と後ろ髪の球体関節ジョイントは外しときます

f:id:ran3pom:20210621031246j:image

おゆまるをお湯に3分つけて、パーツを半分埋める。せっかちさんなので冷蔵庫に入れておゆまるが固まるのを早める。→裏技的なものは使わず、自然に硬くなるのを待ちます。

おゆまる、前は100均で4本入りだった気がするのだがいつのまにか2本入りと半減しておった・・・。

少量で済む人はいいですが、多くのおゆまるが必要な人はネットで購入するのが吉かと。

 

f:id:ran3pom:20210621031307j:image

 

 おゆまるの片面が固まったら、今度はもう半分を完全に塞ぐように埋める。

完全に固まったらおゆまる同士を剥がして中のパーツを救出。

今度はエポキシパテの出番。

結構手につくので私は家にあるオイルを手に塗って作業してますが、ベビーオイルとかワセリンとかでもいいのかもしんない。

ただ塗装前にはちゃんと洗っとかないと塗料が弾くとかなんとか。

あと、エポキシパテは人体に有害らしいので使い終わったら手洗いをした方がいいでしょう。まあオイルが手に残ってるので洗わざるを得ないのですが。

 

おゆまるにかたどられたパーツ跡に押し込むようにパテを埋め込む。

両面のおゆまるに埋め込んだら、合体させて浮かないように輪ゴムなどで固定。
f:id:ran3pom:20210621031304j:image

↑こんな感じ

 

盛大にパテを余らせてしまったので、十字架パーツでも作ってみる。型はシリコンモールド。

どこかで出たアスカのフィギュアの十字架のジオラマがかっこよかったのを思い出した。
f:id:ran3pom:20210621031301j:image

まとめると

  1. 15分でおゆまる固まる
  2. もう片面でおゆまるの上蓋をする
  3. 15分で固まるので中身のパーツ取り出し
  4. エポキシパテの準備。手に引っ付くのでオイルをあらかじめ手に塗る。
  5. 練ったパテをおゆまるの中に押し込み、上蓋をする

 

おゆまる型取りもなかなかコツが要ります。

下の画像なんかは多分私がパテ盛り盛りでギュギュッと何度も押し込みすぎたせいか、原型より長くなりました汗 比較的目立ちにくい部位なのが救いです。

大きくするよりも小さくする方法教えてくれよ汗
f:id:ran3pom:20210623231112j:image

あと難しいのが前髪パーツです。小さいパーツな上に紙の表現も細かく、毎回毛先が残念なことになったりパテを盛りすぎて前髪に厚みが出てしまいヘルメットを被ったみたいになってしまいます。

 

「あれ?式波さん?もしかして今日カツラですか(笑)」

「裏コード!スリーナイン!!」

なんて事態に発展しかねません。

 

もう前髪の型取りは土台造りだと割り切って、歪になった毛先は盛りパテで綺麗にしていくしかないなかなと思いました。

そういえばパテの表面をシンナーでなめす(つるつるにする)という技法を知ったのですが、私が使ってるタミヤさんのエポキシパテにアサヒペンさんのラッカー塗料のペイント薄め液を塗ってみても(硬化済みでも未硬化でも)まったく表面が綺麗になったりと言うことはありませんでした。

一応ペイント薄め液も合成樹脂塗料用シンナーと品名に書かれているのですが(´・ω・`)

 

フィギュア作り・改造にはこういうアイテムがあると便利

f:id:ran3pom:20210626060118j:image

100均にも下の台がダンボール製になってたのが売ってました!もちろん支え棒も4本入りでしたが別売りでありましたよー。 

スプレー塗布だけでなくアクリル絵の具を塗った時、パテを盛った時などあらゆつ場面で活躍してくれます。支え棒&スタンドはフィギュア作りをかじるなら持って損はないなと思いました。

 

サーフェイサー塗布

サーフェイサー?下地を白く塗ってくれる上に小さな傷を補修してくれんの?この自作パテ傷だらけだからラッキー☆彡まじ魔法のアイテム☆彡」

と、サーフェイサーがまるで魔法のアイテムが如く誤解してしまった我。

「20cmから離れてスプレーを拭いてください」とスプレー缶に書いてるお約束すら守らず、ついに・・・
f:id:ran3pom:20210623231120j:image

サーフェイサーをたっぷり吹きすぎてしまったせいか、ダマがたくさんできてしまいました😭
f:id:ran3pom:20210623231109j:image

わかりづらいですが、ダマが複数のパーツに出来てしまいました。

この時作った全てのパーツをまとめて吹いてしまったのでマジで頭抱えましたorz

しょうがないので、100均で買った耐水ペーパーの粗めのやつでダマができたところを頑張って削り取り、もう一度サーフェイサーで気をつけながら塗り直しました。

二度手間〜😭

 

顔パーツのダマについては、アクリル絵の具(塗る範囲が狭すぎてわざわざスプレー買うのがもったいなかったから)を塗るとダマが見えなくなってラッキー☆彡でした。

 

ちょっとスプレーで実験

フィギュアと言えばやはりエアブラシないし筆で塗るものなんでしょうが、ちょっと今回アスカの頭部パーツが多く一個一個筆塗りはしんどいと思ってラッカースプレーで楽して塗ったろ!と決めました!

グラデ!?知らん!!

アスカの髪色に適当なスプレーが分からなくて、ひとまずオレンジの原色みたいな色をAmazonで買ってみたんですがネットで見るより予想以上にオレンジの原色って感じでした・・・w

f:id:ran3pom:20210623231127j:image

私の場合コロナ関係なくついつい巣ごもりして買い物は通販に頼ってしまうので、通販の写真と実物のミスマッチはよくやらかします。

しかもAmazonは(知らないけど他の通販もかも)スプレーは返品が効かないのでなんとか有効活用するしかないですね・・・。
f:id:ran3pom:20210623231116j:image

ちなみに型取りに失敗したパテで実験したんですが、

・上 サーフェイサーオレンジ→ゴールド

・下 サーフェイサーブラウン→ゴールド

の順で拭いてみた比較です。ゴールドは下の色を塗りつぶさないよう20cmから塗りすぎないようにスプレーの量を抑えながら拭いたらこうなりました。

上はアスカの髪色に近いけどちょっとメタリック、下はよりアンティークに近いゴールドという結果になりました。

下はメロンパン入れや金のキョロちゃん模型作りに役立ちそうですね(?)

 

クレオスの黄橙色で塗ってみる

アスカフィギュアとしてはかなり明るい色になってしまったけど、こういうアスカフィギュアもあるので、ヨシ!

f:id:ran3pom:20210627103410j:image

塗料が乾いたら、つや消しスプレーでテカテカしたのを無くしてあげます。

 

ダボについて

運よく型取りでダボまできっちり取れてたらいいなーと思って、何個かはダボまできれいに複製できたパーツもあったのですが、組み合わせていくうちに折れてしまいました。

やはりダボはオリジナルパーツと同じようにプラスチック製?のパーツを使うべきだなと思いました。

私はイエローサブマリンさんの球体ジョイントの余った棒のところをダボ替わりに使いました。

f:id:ran3pom:20210627103424j:image

出来上がった複製アスカパーツとは・・・?
f:id:ran3pom:20210627103427j:image

なんということでしょう・・・。

パテの表面はボコボコ、繊細さのかけらもありません。
f:id:ran3pom:20210627103431j:image

型取りかパテを乾かす間に変形したのか、額と前髪の間に必要以上の間が開いています。

「育ち盛りの女の子は額にニキビができやすいから」と、14歳の少女がおしゃれに関心を持ち始めることを想定した、匠の心遣いからきた空間作りです。
f:id:ran3pom:20210627103416j:image
f:id:ran3pom:20210627103419j:image

明らかな塗り残しは、匠曰く「そういう光の当たり方なんだ」と匠の小粋な魅せ方が表れています。
f:id:ran3pom:20210627103434j:image

 軽々とぽとりと落ちるパーツの数々、顔パーツをはめようとすれば体が取れ、頭パーツを付けようとすればツインテールが取れる。まさに「あちらを立てればこちらが立たず」の物理版、と言わんばかりの出来栄えです。

 

今回の複製にかかった依頼人の費用

  • おゆまる 330円
  • ラッカースプレー(買ったが未使用のもの含む) 1290円
  • エポキシパテ 1055円
  • スタンド棒 999円
  • つや消しスプレー 527円
  • ホワイトサーフェイサー 418円

------------------------------------------------------------ 

            合計4619円

かかった作業日数     約7日間

 

依頼人はこの出来上がりに大変満足したようで、後日同じフィギュアの中古を買いに足を運んだそうです。

 

ぶっちゃけ作ってる時間で副業バイトして中古品買った方がコスパy(ry

 

おゆまるフィギュアパーツ複製術を考察

複製しないで自分で作った方が早くね?(´・ω・`)

いや顔パーツとか頭パーツとかあまり複雑な形をしていないパーツはそれなりにいけんじゃね??と思いましたが、ツインテとか前髪とか線が細かいパーツは素直に自分で作る方がいい、更に言うなら既製品なら二つ目ゲットした方が時短になって良い(この記事の内容全否定)と思いました。

 

完成品を装着!!

f:id:ran3pom:20210627103358j:image
f:id:ran3pom:20210627103354j:image
f:id:ran3pom:20210627103403j:image

メイド服は『ハルヒ』の文化祭みくる、ピンクの猫パーツはアイマスキャラから回収しました。

みくるさん、手のパーツが異常に多く、いろいろ手で演技させたい人にはうってつけなんだろうなと思いつつ、自分はあまり手のパーツの付け替えとかめったにしないので(めんどいし、あと付け替えの時に無くしそうw)

できればSOS団といる時のクラシックなメイド服も出て欲しかったなあ・・・(˘ω˘)そしたら『夜が来る!』の七荻鏡花の文化祭コスチュームもできるのに(˘ω˘)

アイマスキャラのリボルテックフロイライン、付属品のパーツがなんかバラバラな気がして、おかしいなーと思ってたら、春香美希亜美真美全員集めてようやく揃う仕様なんですねw

ピンク猫でいうと尻尾は春香(画像未装着)、猫耳は美希、手と足は亜美真美がそれぞれ・・・という配分でした。

まあ、定価も安かったからいいのかな?
f:id:ran3pom:20210627103441j:image
f:id:ran3pom:20210627103438j:image
f:id:ran3pom:20210627103407j:image

 体は先と同じく『ハルヒ』の文化祭ハルヒ。頭のうさ耳はパテの余ったのと球体ジョイントの余った細い棒を削ったものを使いました。

出来れば網タイツが良かったw(原作ものに無理言うな)

ポーズはISのバニーシャルのパクり。顔パーツは残ってるのがこれしかなかったので妙な顔になっています・・・。

フィギュアフロイラインリボルテックSP001 涼宮ハルヒ バニーVer.「涼宮ハルヒの憂鬱」  

 

上にも書きましたが、意外と費用が掛かる(と言ってもスプレー類、特につや消しスプレーやスタンド棒は今後もお世話になるかもしれないのですが)こと以上にだいぶ時間泥棒なことに気づいて、もうメーカー様最高!大量生産最高!うおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!!!とおとなしく既製品を買っていく方向にシフトしました。

ちょっとしたプチ改造はともかく、パーツの複製となるとなかなか素人にはハードルが高いことがわかりました・・・(ヽ'ω`)

 

アマゾンプライムに登録でエヴァ新劇場版~シンエヴァ冒頭見放題! 


『これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版』+『シン・エヴァンゲリオン劇場版冒頭12分37秒00コマ』