らんぽの小屋

オフゲーとフィギュアいじったりが好き。あと最近はスレイヤーズ(神坂一作品)の記事が多いよ

MENU

シンエヴァ感想②(ネタバレあり)

コトブキヤ 1/6 アヤナミレイ(仮称) 〜プラグスーツver.〜 フィギュア ヱヴァンゲリヲン新劇場版 (ZF82856)
by カエレバ

 

 

 

⑤冬月

前から思ってたけどゲンドウは冬月先生に後を任せすぎじゃないか。

ハイスペ爺と化していてヴィレとの戦いは大体この人が相手していたよーな。

 


声優さんの演技流石に衰えたか・・・?と思ったけど、よく考えたら14年後の世界だし作中の冬月も高齢のはずだし寧ろナイス演技だったのでは。

ごちうさの新シリーズは未視聴なので今現在の清川さんの演技はエヴァ以外知らない)

 


不謹慎な話で申し訳ないんですが、清川さんがご存命なうちにシンエヴァ観れて良かったなと本当に思う。パンフレットの清川さんのインタビュー読んで再確認。

 

 

 

 


⑥ゲンドウ

こっちもハイスペマダオになってました。

普段シンジやレイが出てくるイマジナリートレインにゲンドウ・少年ゲンドウが出てきたのは良かった。

 


というか少年ゲンドウ、まんまメガネかけたシンジくんじゃん!

 


過去に戻って泣いてる幼いシンジを改札から引き返したゲンドウがシンジを抱きしめるとかこれなんて二次創作?とツッコミつつ、そうそうこれで良いんだよこれでとようやく観たかったものが観れた感じ。

 


ガイウスの槍(希望の槍)を初号機・13号機もろとも差し貫くシーンで一瞬ユイを抱きしめるゲンドウのイメージが出て、ようやくこの夫婦も落ち着くところに落ち着いたなあ。

 


旧劇だと補完計画では初号機に食い殺されるオチだったのとエラい違いだよ。今度はユイと寄り添いながら退場なんてこれ以上ないくらいゲンドウの願望成就じゃんよ。

 


ユイさん旧劇では「エヴァになって人類絶滅しても最後の一人になって永遠に宇宙漂いてぇな〜」とかよくわからない野望の持ち主だったけど、シンエヴァではシンジが希望の槍でケジメをつけようとしたところでユイさんの形をした何かが槍を塞ぐように初号機に近づき、代わりにシンジが負うべき罰の身代わりとなりゲンドウと最後を共にしたシーンはザ・家族愛でした。

 


初号機vs13号機はシュールで良かったすねw

あれ??戦ってるの第3新東京市?!超スピードで復興したの?それとも並行世界?と予告で混乱したけどもまさか特撮のセット現場とはw 特撮好きらしい庵野監督らしいお遊びですね。

そのあとのミサトのリビング・教室・(あと忘れた)で戦うエヴァはテラシュールw

 


⑦シンジ

他のキャラの項目でちょくちょく触れたのであまり書くことが無くなりましたが、ラストの青年シンジの声が緒方さんから男性声優に変更されてて、「えー、緒方さんのまま蔵馬系の低音ボイスとかでいーじゃんブーブー」とラストこそ思いましたがその後のキャストクレジットを観て「あ、〇〇さんだったのか。これはしゃーない^^」と思ってしまった〇〇さんの魔力よ。

 

 

 

⑧トウジ・ヒカリ・ケンスケ・ペンペン

旧劇ではすっかり蚊帳の外の存在として新規の出番を許されなかった彼らたち。Qでも生存が分からずヤキモキさせられました。

 


旧劇での補完計画発動キャンセルでユイさんが「その気になったら戻れる(要約)」と言っていたにも関わらずシンジとアスカのみを残して終劇したので、その先の未来を見ることができないキャラクター達だったので大人に成長した彼らに会うことができて本当に感慨深かった!

 


温泉ペンギンがゾロゾロいたのは海洋生物研究所が壊れて脱走した仲間が集まったのか?w

やはりQでもペンペンは出てなかったので「ヴンダーの動力源になってる」みたいなネタ考察に笑ったりw ヴンダー、確かにペンギンが泳いでるっぽいか?

 

 

 

 

 

 

⑨情景描写

庵野監督の作品で好きな点ですが、何でもないような風景の一コマでも庵野監督の作品だと代え難い貴重な「今ここにしかない一コマ」に映ってしまうんですよね。空と電線、学校のたくさん並んでる蛇口、駐輪場、というか第3新東京市の諸々が。

 


別アニメ「彼氏彼女の事情」でもやっぱり情景描写が印象に残ってて。

 

 

 

だからQで物足りなかったのはほぼヴィレ艦内と旧ネルフ施設跡地等、無機質な現場でのシーンが続いてたせいもあると思います。

 


サードインパクトで見るも無惨になったミサトのリビング、学校、第3東京市の情景を庵野監督の手で見たかったのですが、当時言われていた「東日本大震災の影響」で津波後の倒壊した家屋を想起させる絵は全部出すことが出来なくなっちゃったのかな。そうだとしたら残念ですがしょうがないです。

 


⑩スタッフ

HPのクレジットに摩砂雪さんいなかったけどエンドロールでクレジットされてましたね。

貞本さんは前々から不参加が伝えられていたとはいえ、最後を飾る作品にいらっしゃらないのは正直に言えば寂しいですね。

 


それと平松さんがシンエヴァに参加確認で嬉しかったです。流石にどのシーンやったかの見当は全然つきませんがw MAPPA所属となって劇場版ユーリオンアイスや今流行りの呪術廻戦のキャラデザを担当されてスケジュール的に参加厳しいのかなと勝手に思ってましたがエンドロールでお名前ばっちり確認!

 

 

 

11.レイ

最後に書いてなかったのに気づいた。

特にツッコミポイントなし。

「Q」で黒波とかお呼びじゃねぇんだよ〜ポカ波返せポカ波とか思ってごめんね黒波。

あとロン毛綾波可愛い。

 

 

 

 


さよなら、すべてのエヴァンゲリオン

 

 

 

 


                                                                     終劇

 

 

 

エヴァンゲリオンの旧版と新劇場版を両方視聴可能!